ドクターAチャンネル麻生院長のあざの原因は?発生時期や治療方法も調査!



最近、おたひかやガーシーとのコラボで話題となっているドクターAチャンネルの麻生院長!

そんな麻生院長といえば、やはり気になるのが後頭部から首元にかけての大きなあざですよね。

このあざは一体何が原因なんだろう・・・?

私も、ドクターAチャンネルを見るたびについそう思ってしまうのですが、きっとドクターAチャンネルの視聴者の中にも、麻生院長のあざの原因が気になるという人が多いのではないでしょうか?

そこで、今回はドクターAチャンネルの麻生院長にある”あざ”の原因は何なのか?

その気になる原因を徹底調査!

さらに、麻生院長のあざはいつから発生したのか、あざの治療法はないのか・・・などその他の気になる疑問についても調べてみました。

Sponsored Link


ドクターA・麻生院長のあざが気になる!

ガーシーの借金を肩代わりしたり、破局隠しで炎上中のおたひか・ひかるとコラボしたりと最近何かと話題を振りまいている「ドクターAチャンネル」の麻生院長!

元々麻生院長は「東京美容外科」の統括院長を務めるかなり凄い方なのですが、最近ではyoutuberとしても有名になっていますよねw

そんなドクターA・麻生院長ですが、動画を見ているとついつい目に入ってしまうのが、後頭部や首元にある赤い大きなあざ!

下記は、ガーシーのBTS詐欺被害者の件で、ドクターAチャンネルと弁護士の高橋先生とでコラボした動画になりますが、左側後頭部や首元にかなり大きなあざがあるのがわかります☟

そんな麻生院長のあざについて、ドクターAチャンネルの視聴者やTikTokのコメント欄などには

後ろと首のあざが気になる・・・
赤いあざが目立つね、何かの病気?
など、麻生院長のあざが気になるというコメントが多数出ているようです。
私も、ドクターAチャンネルを最近知ってちょこちょこ見ているのですが、ついつい動画の内容よりこちらのあざの方が気になってしまっています。
特に麻生院長はスキンヘッドで頭や首回りがキレイに見える状態になっているので、その分あざも余計に目立ってしまうのでしょうね・・・。
しかしながら、この麻生院長のあざは一体何が原因でできたのか・・・?
私もかなり気になったので、今回はドクターA・麻生院長のあざの原因について調査してみました!

ドクターA・麻生院長のあざの原因は病気?

ドクターAチャンネル麻生先生のあざの原因は?病名や発生時期も調査!

ドクターAチャンネルの麻生院長にある大きなあざ。

スキンヘッドということもあり、余計にこのあざが目立ってしまっているのですが、そもそも麻生院長のあざは何が原因なのでしょうか?

あざの色味などを見ると一見火傷のようにも見えますが、麻生院長のあざはかなり大きな範囲になるので、病気の可能性もあるかもしれません。

そこで、ドクターA・麻生院長のあざの原因について調べてみたところ・・・

ドクターA・麻生院長のあざは【単純性血管腫】の可能性が高い
ということがわかりました。
つまり、ドクターA・麻生院長のあざは火傷でなく、病気の可能性が高いということですね。
ちなみに、この「単純性血管腫」というのはどんな病気なのかというと・・・

単純性血管腫

平坦な赤いあざのことで、血管に何等かの異常があり、血管の拡張や増殖によって出来る良性の腫瘍。
色味がワイン色であることから”ポートワイン血管腫”とも呼ばれることもあります。
根本的な原因としては不明ですが、ホルモンバランスや感染症、さらには外傷といった外的な要因が関係しているとも言われています。

この単純性血管腫という赤あざは痛みなどの症状はなく、日常生活に支障をきたすこともないそうです。
色は年齢を重ねるごとに褐色になるパターンもありますが、色が濃くなったり腫瘤ができたりするケースもあり、あざができる箇所も顔や足など様々のようです。
下記は、Twitterに投稿されていたドクターA・麻生院長のTikTokでの画像ですが、麻生院長のあざも確かに平坦で褐色のような色味をしていますよね☟

となると、やはりドクターA・麻生院長の後頭部や首に広がっているあざは「単純性血管腫」の可能性が高そうです
しかし、この麻生院長のあざは一体いつからあるんでしょうか?
大人になってからできたのか、はたまた幼少期時代からあるのか・・・?
あざの発生時期についても、気になったので調べてみました!
Sponsored Link


ドクターA・麻生院長のあざはいつから発生した?

ドクターAチャンネル麻生先生のあざの原因は?病名や発生時期も調査!

ドクターA・麻生院長のあざは、単純性血管腫(平坦な赤あざ)の可能性が高いということがわかりましたが、そもそもこの麻生院長のあざはいつからできたものなのか?

気になるあざの発生時期について調べてみたのですが、麻生院長があざについて公表していないこともあり、いつあざが発生したのかハッキリとした情報は見つかりませんでした。

ただ、この単純性血管腫というあざは

生まれつき存在するあざ
と言われています。
下記のTwitter画像は単純性血管腫がある赤ちゃんの画像ですが、このように生まれてすぐにあざが発生しています。

このように、単純性血管腫は生まれつきのあざになるので、もしドクターA・麻生院長のあざが単純性血管腫であれば「生まれたときにはすでにあざが発生していた」ということになりますね。
ちなみに、この単純性血管腫という赤あざは先ほどもお伝えした通り、年齢を重ねるごとに色が変化したり、あざの範囲が広くなるとのこと。
赤ちゃんの時は小さなあざでも、成長して体が大きくなるとあざも同様に大きくなるとのことなので、麻生院長も成長と共にあざの範囲が広くなっていったのかもしれません。
Sponsored Link


ドクターA・麻生院長のあざには治療法はあるの?

ドクターAチャンネル麻生先生のあざの原因は?病名や発生時期も調査!

単純性血管腫は”生まれつき存在するあざ”だということもあり、ドクターA・麻生院長のあざも生まれたときからすでにあった可能性が高いと考えられます。

現在の麻生院長のあざを見ると、かなり色も濃く範囲が広がっているようにも見えますが、このあざは治療する方法はないのでしょうか?

ドクターA・麻生院長は先ほどご紹介した通り「東京美容外科」の院長。

皮膚のことは専門分野でもあるので治療方法があればすぐにでも治しているはずですが、現在も治療せずあざがある状態ということは、もしかしたら治療方法はないのかも・・・

そう思い、早速単純性血管腫の治療法について調べてみたのですが、実は赤あざの治療法はいくつか存在するようなんです。

単純性血管腫(平坦な赤あざ)の治療法

  • レーザー治療
  • 冷凍療法
  • 放射線療法

このように、赤あざを治す方法は基本的には3つ。

中でも最近は、副作用が少ないレーザー治療が主流となっているようです!

ただ、この単純性血管腫というあざは早期治療が望ましいようで、歳をとるとレーザーが効かない場合もあるのだとか。

だとしたら、ドクターA・麻生院長は治療を試したけど効果がなかったという可能性もあったかもしれませんね。

しかし、美容外科に携わる麻生院長なので、何かあざを目立たなくする方法もあったのではないかと思いますが、それでも堂々とあざを見せているのには何か理由があるのでしょうか?

そのあたりも気になりますね!

Sponsored Link


ドクターA・麻生院長はあざを全く気にしていない?

ドクターAチャンネル麻生先生のあざの原因は?病名や発生時期も調査!

皮膚や美容についてはスペシャリストとも言えるドクターA・麻生院長!

しかし、ドクターAチャンネルをはじめメディアに出ている麻生院長を見ていると、あざを隠すどころか堂々と見せていますよね。

しかもスキンヘッドなので、余計にあざが目立っている状態。

もしかしたら、麻生院長はそこまであざを気にしていないのでは?

そう思い、麻生院長の過去について調べてみたのですが・・・

  • 研修医時代はカツラをかぶって隠していた
  • 過去は形成外科医だったが、経済的理由から美容外科医になった
  • 美容外科医になった当初は、見た目に引け目を感じていた

このような感情を持っていたようです。

しかし、麻生院長は美容外科医として活躍する中で、患者を笑顔にしているという思いから今では自分の仕事を誇りに思っており、自信も取り戻したのだとか!

今現在、麻生院長があざが目立つ状態でも堂々としているのは、美容外科医としての自分に誇りを持ったことで前向きな気持ちになったこと、そして前向きになったことであざも全く気にならないようになった。

これが、麻生院長があざを隠さない理由なのかもしれません。

ちなみに、単純性血管腫という赤あざがある有名人は麻生院長以外に他にもいます。

  • 彩(インスタグラマー)
  • 双葉(アイドルグループ・Chu-Z)

この2人も、生まれつきあざを持っていることを告白しています。

特に、インスタグラマーの彩は顔に広範囲のあざを持ちながらも、下記の記事にもあるようにSNSで自身の病気を公表、顔出しも行い多くの反響を呼びました☟

また、アイドルグループ「Chu-Z」の双葉は顔以外全身に赤あざがあることを公表しており

私のような病気を持っている人の原動力になる、力や勇気を与えること。

これが自分の夢だとも語っています。

この2人のように、単純性血管腫という病気を持ちながらも”私の個性”だと堂々と言葉にする姿は、同じ悩みを持つ方にとって、とても大きな自信と勇気になると思います。

もしかしたら、ドクターA・麻生院長もこの2人と同じように、あざを自分の個性として受け入れているのかもしれませんね!

Sponsored Link


まとめ

今回は、ドクターAでお馴染みの麻生院長にある”あざ”について調査してみました。

麻生院長自身はあざについて公表していないものの、あざの特徴から、生まれつき存在する「単純性血管腫」という病気である可能性が高そうです。

治療方法については色々とあるようですが、現在麻生院長のあざが残っていること、そして目立つ状態のままにしていることからも、恐らく治療しても効果がなかったもしくは治療せずそのままにしているのではないでしょうか。

美容外科医としての仕事に誇りを持ち、患者の笑顔を大切にしながら今もなお活躍し続けるドクターA・麻生院長!

自分のあざよりも、患者を美しくしたい・・・そんな気持ちが強いのかもしれませんね!

Sponsored Link




タイトルとURLをコピーしました