台風19号による箱根の被害状況まとめ!登山鉄道の復旧に必要な時間は?

台風19号による箱根の被害状況まとめ!登山鉄道の復旧に必要な時間は?時事


東日本各地にかなりの被害をもたらした「台風19号」。

この台風19号は過去最大級と言われ、日本に大変大きな爪痕を残しました。

中でも、史上最大となる雨量を記録し、甚大な被害となったのが「箱根」。

台風が過ぎ去った現在も、その被害は広まっており深刻な状態が続いています。

今回は、台風19号の被害を受けた箱根の被害状況、そして現在も運休が続いている箱根登山鉄道の状況についてのまとめ、そして復旧にどれくらいの時間を要するのかも予想してみました。

 

Sponsored Link


台風19号による箱根への被害状況が甚大!

 

台風19号による箱根の被害状況まとめ!登山鉄道の復旧に必要な時間は?

 

日本に大きな被害をもたらした「台風19号」。

この台風19号は過去最大級と言われ、大雨特別警報が出るなどこれまでにない事態となり、河川の氾濫などの大きな水害、そして停電が続くなどかなりの被害が出ています。

連日ニュースでも被災地の現状が報じられていますが、それもごく一部で被害の全容は未だ把握できていません。

そんな中、特に甚大な被害となったのが「箱根」

なんと観測史上最大となる「1000ミリ」の雨量を記録し、土砂崩れや冠水などの被害が発生しました。

 

台風19号による箱根の被害状況まとめ!登山鉄道の復旧に必要な時間は?

 

画像を見ても今回の台風19号がどれほど凄まじいものであったかが、わかりますよね。

もちろん箱根だけではなく、日本各地で多大な被害が広がっており未だ行方がわからない状況の方々もたくさんいるかと思います。

私も連日ニュースでこの台風19号に関する報道を見ていますが、想像をはるかに超える被害状況に非常に胸が痛い思いです。

台風19号が日本列島に上陸してから5日が経過した今・・・。

未だ全容が掴めていない状況ですが、今週末にはまとまった雨が降るとの報道もあるので、被害がさらに拡大しないことをただただ願うばかりです。

 

台風19号による箱根の被害状況まとめ!

 

台風19号による箱根の被害状況まとめ!登山鉄道の復旧に必要な時間は?

 

日本各地で台風19号による甚大な被害が出ている現在ですが、特に被害が甚大だと言われている「箱根」の被害状況はどのようなものだったのでしょうか?

ニュース等でも報じられていますが、今回の台風19号で箱根が記録した雨量は1000ミリ。

1000ミリという雨量は、観測史上最大と言われ私たちの想像をはるかに超えるものとなりました。

この雨の影響で、箱根各地では土砂崩れ、他にも芦ノ湖湖畔で冠水が起こったりなど甚大な被害が発生しています。

 

台風19号による箱根の被害状況まとめ!登山鉄道の復旧に必要な時間は?

 

詳しい被害状況としては、土砂崩れだけでも箱根町内では、最低でも7~8か所で発生しており、さらには道路など坂道を雨が勢いよく流れ様々な場所で冠水が発生。

芦ノ湖湖畔は氾濫の危険水位を超えた状態が続き、水位が下がらないままだと言われています。

また、早川の増水被害もあることから、箱根湯本駅の近くにある飲食店・旅館といった店舗や施設も浸水被害が発生しており、観光に大きな影響を与えているようです。

 

Sponsored Link


被害が凄まじいのは箱根登山鉄道

 

台風19号による箱根の被害状況まとめ!登山鉄道の復旧に必要な時間は?

 

そんな甚大な被害を受けている箱根ですが、実はその箱根の中でも一番被害が凄まじいのは「箱根登山鉄道」です。

箱根登山鉄道では、土砂崩れの被害で橋脚が流出するなど様々な被害が発生しており、現在も運休の状態が続いています。

また、台風19号の影響でケーブルカーも運休していましたが、現在はケーブルカーの方は全線運転を再開していると先日発表されました。

 

台風19号による箱根の被害状況まとめ!登山鉄道の復旧に必要な時間は?

 

写真から、いかに台風19号が残した爪痕が酷かったのかがわかりますね。

すぐに復旧できない状態ではありますが、復旧するまでは箱根湯本と強羅区間で代行バスが運行されるかもしれないという情報もあります。

これから観光のシーズンともなる箱根ですが、大事な箱根への交通アクセスに多大な影響を与えることとなりそうですね。

1日も早く箱根登山鉄道が復旧することを願うばかりです。

 

 

Sponsored Link


箱根登山鉄道の被害状況詳細?

台風19号による箱根の被害状況まとめ!登山鉄道の復旧に必要な時間は?

 

台風19号の甚大な被害を受けている箱根の中でも、特に箱根登山鉄道が凄まじい被害だと言われていますが、一体どのような被害状況になっているのでしょうか?

ここからは、箱根登山鉄道の詳しい被害状況について触れていきたいと思います。

まず、台風19号が関東・東日本を通過したのは、10月12~13日のこと。

この時箱根では、雨が降り出して間もなく、雨量がすでに1000ミリを超えるという事態に。

そして箱根登山鉄道では、土砂崩れが発生し、さらには”道床”と言われる路盤と枕木の間の層が流出するという事態が多発しました。

 

台風19号による箱根の被害状況まとめ!登山鉄道の復旧に必要な時間は?

 

また、宮ノ下と小桶谷の区間ではおよそ25mにわたって線路が押し流され、さらには他の区間でも電柱が倒れて破壊してしまったり、落石で線路が埋まったりなどの被害も明らかになっています。

この画像を見るだけでも、いかに箱根登山鉄道が甚大な被害を受けてしまったかがわかりますよね。

これほどの深刻な被害が広まる中、箱根登山鉄道は箱根湯本~強羅の間を全区間運転見合わせを発表していますが、現段階では乗客や車両に被害はないとのことです。

観光シーズン直前に台風の被害を受けてしまった、箱根登山鉄道。

今後、復旧の見通しは立っているのかも気になるところですね。

 

Sponsored Link


箱根登山鉄道が完全復旧するのはいつ頃?

 

台風19号による箱根の被害状況まとめ!登山鉄道の復旧に必要な時間は?

 

箱根でも特に甚大な被害を受けている箱根登山鉄道。

小田原~箱根湯本の区間は13日の夕方に運転を再開していますが、箱根湯本~強羅区間は現在も運休が続いている状態です。

運休期間中は箱根登山バスによる振り替え輸送を行うと発表していますが、現段階では箱根湯本~強羅区間の運転再開の見通しは立っていません。

また、電柱が倒れて壊れたり、落石で線路が埋まるなどの深刻な被害が多発していることからも、完全に復旧するにはかなりの期間を必要とするとも発表されています。

 

台風19号による箱根の被害状況まとめ!登山鉄道の復旧に必要な時間は?

中には復旧するまで数カ月はかかるという情報もあるので、もしかしたら今年中の復旧も難しいのかもしれません。

とりあえず、現在はすべての被害状況を把握するのと同時に、どのように復旧工事を行うのかを検討中とのことなので、今後1日でも早く復旧することを願うばかりです。

しかし、箱根にとってはこれからが紅葉シーズン。

普通であれば観光客で賑わうところですが、2019年の箱根の紅葉シーズンはどうなるのでしょうか?

 

Sponsored Link


2019紅葉シーズンに箱根は楽しめる?

 

台風19号による箱根の被害状況まとめ!登山鉄道の復旧に必要な時間は?

 

箱根といえば11月頃からは紅葉シーズンで、通常であれば多くの観光客で賑わうところですが、台風19号で被害を受けてしまった2019年の紅葉シーズンは一体どうなってしまうのでしょうか?

特に箱根登山鉄道は観光客のアクセスに必要となるだけに、復旧が長期化するとなった今、紅葉シーズンにかなりの大打撃を与えることとなります。

紅葉シーズンには毎年200万人以上もの観光客が訪れる箱根。

現在は台風19号の影響により、強羅駅に訪れる観光客はまばらだといいます。

 

台風19号による箱根の被害状況まとめ!登山鉄道の復旧に必要な時間は?

 

箱根で飲食店や旅館を経営している方々にとっては、お客さんが来ないことはもちろん、予約もキャンセルとなるなど今後の経営にも大きく影響が出るのは間違いないでしょう。

しかし、紅葉を楽しむ観光ルートを確保するために、箱根湯本~強羅駅区間は代行バスの運行を行うことも発表されていますので、箱根の紅葉を楽しむことはできそうです。

従来のような賑わいを見せることは難しいかもしれませんが、今後そういった対策もあるようなので、箱根の紅葉を見に行きたいと思っている方は、今後の情報を細かくチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

Sponsored Link


まとめ

 

日本各地に甚大な被害をもたらした、今回の台風19号。

その中でも箱根や箱根登山鉄道が受けた被害は相当なもので、画像を見て私も驚いたと同時にかなり胸が痛くなりました。

本来であればこれから紅葉シーズンで、多くの観光客が訪れる箱根。

これから復旧までにはかなりの時間がかかるようですが、1日でも早く復旧することをただただ願うばかりです。

Sponsored Link




タイトルとURLをコピーしました