twitter
西加奈子原作「さくら」映画化決定
イラスト・奥原しんこ

出演

北村匠海 小松菜奈 吉沢亮

原作

西加奈子

監督

矢崎仁司

2020年 全国公開

特別協賛

DOKUSO映画館 日本ネットワークサービス 日立物流

comment

コメント

北村匠海

北村匠海 (次男・薫役)

吉沢亮さん小松菜奈さんをはじめとする本当に強力かつ個性のある共演者の皆様とお芝居できる時間がとても幸せに思います。一つの家族の大きな愛、小さな愛、一匹の犬にまつわる、愛情。端的には言えない、愛と情の物語です。丁寧に一言一言を紡いで力を合わせて作り上げていきたいと思います。頑張ります。

1997年11月3日生まれ、東京都出身。2008年『DIVE!!』(熊澤尚人監督)で池松壮亮の幼少期役で映画初出演。17年『君の膵臓をたべたい』(月川翔監督)で第41回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。主な出演作に『鈴木先生』(13/河合勇人監督)、『信長協奏曲』(16/松山博昭監督)、『セーラー服と機関銃-卒業-』(16/前田弘二監督)、『あやしい彼女』(16/水田伸生監督)、『勝手にふるえてろ』(17/大九明子監督)、『春待つ僕ら』(18/平川雄一朗監督)、『OVER DRIVE』(18/羽住英一郎監督)、『十二人の死にたい子どもたち』(19/堤幸彦監督)、『君は月夜に光り輝く』(19/月川翔監督)など話題作に多数出演。

北村匠海

小松菜奈 (妹・ミキ役)

矢崎監督とのお仕事は今回が初めてで、共演者の方々と一つの家族になるのは緊張でもあり未知の世界ですが、これからこの家族にどんな色がついていくのかとても楽しみです。原作からも浮き出てくるリアルな家族のやり取りと喜怒哀楽の光景がとても微笑ましく、その中で感じる生きるとは何か・愛とは何か・家族とは何か、そんなメッセージが伝わる心温まる再生物語だと感じました。今回演じさせていただく末っ子のミキと常に向き合い、とても奮闘する日々になると思いますが、自分の感じた想いを大切にミキとして生きていきたいです。

1996年2月16日生まれ、東京都出身。08年よりモデルとして雑誌を中心に活動PV・CMなど数多く出演。映画『渇き。』(14/中島哲也)で鮮烈なスクリーンデビューを飾り、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞ほか、多数の新人賞を受賞。以降『近キョリ恋愛』(14/熊澤尚人)、『バクマン。』(15/大根仁監督)、『ディストラクション・ベイビーズ』(16/真利子哲也監督)、『溺れるナイフ』(16/山戸結希監督)、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(16/三木孝浩監督)など多数の映画に出演し、同年マーティン・スコセッシ監督『沈黙‐サイレンス‐』でハリウッド映画デビュー。近作に『恋は雨上がりのように』(18/永井聡監督)、『来る』(18/中島哲也監督)など。本年は5月31日に『さよならくちびる』(塩田明彦監督)、11月には『閉鎖病棟(仮)』(平山秀幸監督)の公開が控えている。

吉沢亮

吉沢亮 (長男・一役)

矢崎監督、共演者の皆様は初めましての方ばかりで、皆様とどのような家族ができあがるのか、とても楽しみです。不安もありますが、監督と話し合いながらこの一家の光であり影である一という役を精一杯生きたいと思います。
僕自身男4人兄弟で、女姉妹に憧れていました。妹、ワクワク。

1994年2月1日生まれ、東京都出身。09年に行われた「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で特別賞 を受賞しデビュー。「仮面ライダーフォーゼ」(11-12年)で仮面ライダーメテオ/朔田流星役を演じ注目を浴び、その後数々のテレビドラマ・映画に出演、『リバーズ・エッジ』(18/行定勲監督)で第42回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。近作に『銀魂』(17/福田雄一監督)、『トモダチゲーム』(17/永江二朗監督)、『悪と仮面のルール』(18/中村哲平監督)、『猫は抱くもの』(18/犬童一心監督)、『あのコの、トリコ。』(18/宮脇亮監督)、『銀魂2 掟は破るためにこそある』(18/福田雄一監督)など。19年は、『キングダム』(佐藤信介監督)の公開、NHK連続テレビ小説「なつぞら」への出演も決定している。

監督 矢崎仁司

いつか挑みたかった西加奈子の世界。『さくら』には、私の映画史がすべて入っている。だから、この小説の映画化は、私以外誰にも監督させたくなかった。西さんから投げられたボールは、ド真ん中に投げ返そうと思います。
『さくら』に出会えたことを神様に感謝します。

⼭梨県出身。日本大学芸術学部映画学科在学中に、『風たちの午後』(80)で監督デビュー。2作目となる『三月のライオン』(92)がベルリン国際映画祭ほか世界各国の映画祭で上映され、ベルギー王室主催ルイス・ブニュエルの「黄金時代」賞を受賞するなど、国際的に高い評価を得る。95年、文化庁芸術家海外研修員として渡英し、ロンドンを舞台にした『花を摘む少女 虫を殺す少女』を監督。その他、主な監督作品に『ストロベリーショートケイクス』(06)、『スイートリトルライズ』(10)、『不倫純愛』(11)、『太陽の坐る場所』(14)、『××× KISS KISS KISS』(15)、『無伴奏』(16)『スティルライフオブメモリーズ』(18)など。現在、デビュー作『風たちの午後』デジタルリマスター版公開中。

原作 西加奈子

さくらが新しい命をもらって
どんな風に輝くのか、
本当に楽しみです。

1977年、イランのテヘラン生れ。エジプトのカイロ、大阪で育つ。2004年に「あおい」でデビュー。独特な作風が支持され、翌年、1 匹の犬と5人の家族の暮らしを描いた「さくら」を発表しベストセラーに。その後07年「通天閣」で織田作之助賞、13年「ふくわらい」で河合隼雄物語賞受賞、15年「サラバ!」で第152回直木賞を受賞した。映画化作品としては『きいろいゾウ』(13/廣木隆一監督)、『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』(14/行定勲監督)、『まく子』(19/鶴岡慧子監督)に続き、本作で4作品目となる。

原作本「さくら」書影
特別協賛
DOKUSO映画館
日本ネットワークサービス
日立物流